横になっているカップルと薬
公開履歴

病院で受けることが出来るED治療法で最も安いものは、バリフなどのED治療薬を処方してもらうことです。
ED治療をするときには病院に行って問診を受ける必要がありますが基本的には勃起の状態や薬をどのような意図で使いたいのかを聞かれるだけです。
ED治療に関しては様々な薬が開発されており、先進諸国の中でも薬があまり流通していないのは日本くらいなので世界的に見ればEDはそれほど悩ましい症状ではないようになっています。
こうした事情から、病院でED治療薬を処方してもらうときには一つだけ注意をしなくてはいけないことがあります。
それは、一般的な病気の症状の診察ならば必ず適用される保険の適用がないことです。
基本的に、日本国内で保険の適用が問題になるのは、技術が最新鋭で先進的すぎるものと、著作権の問題で薬が一般化していないときです。
保険の適用は、一般化された薬や技術に対して適用されるものなので、日本国内でそれほど認識されていないものに関しては国民一人一人が診察に関して全て自己負担でお金を支払わなくてはいけません。
そのため、薬の費用も安いとは言え一般的な薬の価格に比べれば高くなっているのが現状です。
例えば、ジェネリック医薬品として一般市場で薬を入手することが出来れば価格は安くすることが可能ですが、そうした医薬品が無い場合には病院で自己負担で購入するときにジェネリック医薬品の約2倍から3倍の費用を支払わなくてはいけないのが相場です。
もちろん、薬の量も関係していますが薬の量が多くなればなるほど当然消費者の負担も大きくなります。
病院は保険の適用が無いとは言え、通販などの海外からの輸入に頼ったED治療薬には偽物も多いため一番安全に入手できる場所だと言えます。
しかし、海外輸入の通販サイトの中にも安心して購入することができるものも近年増えてきました。
ネット上には最初に挙げたバリフの最安値が分かるサイトも存在するため、安心して購入できるサイトを見極めつつ、少しでも手ごろな価格で手に入れることをおすすめします。